とある午前、鏡を見て尊敬!独りでにほうれい線が…

今までは、さほど意識した事はありませんでした。というよりも、自分には依然として関係のない事だと思っていました。そんなふうに、ほうれい線だ。

とある朝、常に便所でシャンプーをし、なにげなく鏡を見ると、昨日まではなかった片影がほっぺにありました。顔の右手…口の側辺りに一本すぅ?っと狭い片影がありました。え?まさかこれって、ほうれい線なの?…正真正銘尊敬でした。

それでも昨今思うと、必ずや少し前からあったんでしょうね。気付かなかっただけで。その日以上、見たくないのになんだか見てしまうほうれい線。
見てしまうと言うよりは、嫌でも目に入ってくるんですよね。手で伸ばしてみたり、マッサージしてみたり。それでも、当たり前ですが消えないだ。

そこで、媒体でエイジングケアのWEBをチェックしてみたり、インターネットでほうれい線に関して調べたり。自分なりに何かと情報収集する日々でした。そんな中で行き着いたのは、韓国コスメになりますが、日々扱うビューティー液が思い切り染み込んです企画だ。これは、一枚程百円側というプリティプライスながら、保湿威力抜群の優れものです。インターネットからの概要によれば、ほうれい線の大敵は、乾燥だという実態!それで毎日の保湿は不可欠です。お風呂立ちに日々15パイ。コスパ抜群のこちらの企画、私において、今となっては作戦離せないものになっていらっしゃる。

反響の程度はようやくですが、韓国コスメの力を借りて、ほうれい線と向き合って行きたいとしていらっしゃる。数値が悪いとお酒の飲み過ぎで肝機能が低下しているという意味ですか?