その手荒れ、ケアを異なるかも!?

肌荒れを起し易い方は
体の各種部分に、新設外観がでてきたりして
やり方に悩むことも少なくありません。

「しもやけ」や「あかぎれ」ができ易い方は
血行が悪いといわれていますが
ポイントだけでなく爪先にもできたりして
寒い時期など、紫色にしみすることもあります。

また、徒歩のケアをする時折、素手で行うことが多く
何らかの病原菌があるケース、ポイントにも感染することがあります。

その一部「角質増大範疇水虫」は、手荒れという外観で
市販のハンドクリームで治そうとする方もいます。

だが、事由を確かめないまま自己流で治療するって
外観が悪化することもあるのです。
ですから、これまで見られなかった外観がでてきたときは
早めに素肌科で診てもらうことをお勧めします。

因みに、水虫が手にできることは知られていますが
「角質増大範疇水虫」の場合は、気付かないことも多いので
二度と注意したいですね。

また、こういう外観のままで放っておくと
身内にも移してしまうこともありますので
医者の診査に従って、きちんと治療することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です