お風呂立ちは中でも乾きして痒みが出る

一年中中気になるということではありませんが、お風呂立ちは殊更お肌が乾燥としてしまって、凄い時折痒みを感じる事があります。

掻き毟ったりするようなことは無いのですが、あまりにも痒みが小さい場合は「損傷になったり跡になったりしないといいんだけど・・・」と思いながら掻いてしまうんです。

何度か人体用の保湿クリームによることもありますが、私の性格的問題で維持しませんでした。

お風呂立ちに保湿クリームを塗り付けるのが支障に感じてしまって。

乾燥としていない、しっとりとしたお肌に憧れはありますが、これではダメですよね。

痒みやカサカサソリューションはもちろんですが、キレイなお肌を保つためには、こういったお手入れは必要なのかもしれません。

寒い太陽はお肌に歓喜を与えてくれるような入浴剤を使うこともありますが、とにかく保湿が一番かしら?といった。

支障だと思っていてはお肌のカサカサは防げないというので、今手元にあるものを確実に枯れるように、頑張ってお肌の対応を通していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です